アイルランドワーホリ申請について:よくある質問に答えてみた!

カナダなど他の国のワーホリを使ったことがありますが、アイルランドワーホリにも申請できますか?

アイルランドワーホリ申請についてのよくある質問

各国のワーホリに対してそれぞれ1回利用できます。ですので、すでに他国のワーホリを利用しておられる方もアイルランドワーホリに申請できます。

申請をする際の職歴について、在籍証明書などは必要ですか?

在籍証明書の添付は必要ありません。申請書の職歴の欄に記載するだけで大丈夫です。
申請書の職歴の欄には以下の項目があります。

[申請書2枚目]18. Employment records(職業経歴)
・Name & address of employer(会社名、住所)
・Date of employment(雇用開始日)
・Duties & responsibilities (max 50 words) (業務内容)
・Will your present job (if any) be available to you on your return?
(現職の会社にワーキング・ホリデー終了後、戻る予定がありますか。)

*申請書の書き方は、見本付き|アイルランドワーキングホリデービザ申請書の書き方を解説しますからご確認いただけます。

英訳された卒業証明書が発行できないと言われました。

日本語の証明書を英訳したものを添付する必要があります。英訳にご不安がある場合、弊社にて英訳サポート可能ですのでご安心ください。

英文の残高証明書は最新のものが必要ですか?

1〜2ヶ月以内に取得したものをご利用ください。
銀行によって英文残高証明書の発行に2週間ほどかかるところもありますので、余裕を持って申請しましょう。

卒業証明書はいつ取得したものを送ればいいですか?

卒業証明書はいつ取得されたものでも大丈夫です。卒業が証明されるものであれば、取得日はいつでも構いません。

卒業証明書が旧姓ですが、どうしたらいいでしょうか?

旧姓が証明できるパスポートの顔写真ページページや戸籍謄本などを添付して郵送してください。

パスポートの残存期間が出国日より半年ないことに気付きました。今からだとパスポートの更新が申請に間に合いません。申請できないでしょうか?

申請できます。申請時は、現在のパスポートのコピーを送ればよいです。
後日、航空券や医療保険を送る際に、新しいパスポートの原本とコピー(顔写真のページ)と差し替え依頼のメモを添付すれば問題ありません。
もし、航空券を準備する時点で有効期限が1年以上あり、新しいパスポートの申請ができない場合は、最寄りのパスポート発給期間に事情を説明し、発給依頼の相談をしてみてください。

申請をしてからパスポートを更新しました。

更新後のパスポート情報を大使館に送付する必要があります。
航空券や医療保険を送る際に、新しいパスポートの原本とコピー(顔写真のページ)と差し替え依頼のメモを添付してください。

必要書類が全て揃っておらず、提出期限に間に合いません。先に用意できたものだけ提出して問題ないでしょうか?

必要書類が揃っていない場合、申請は受理されません。
必ず全ての書類を揃えて提出してください。

申請書の提出は、期日までに必着ですか?

申請締切日の消印有効です。申請締切日にご注意ください。
申請スケジュールについては弊にてサポート致しますのでご安心くださいませ。

アイルランドに行く前に別の国に行く予定があります。問題ないでしょうか?

問題ありません。日本発からアイルランド着までの航路を確認できる航空券とEチケットを全て提出してください。

アイルランド滞在中に滞在期間を伸ばすことは可能ですか?

アイルランド滞在開始後の期間延長はできません。
事前に滞在期間を決め、その期間をカバーできる医療保険の証明を郵送してください。
最大滞在期間の1年間で申請される方が多いです。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号
(日程調整をした上でのカウンセリングや緊急時のためであり、弊社から突然お電話することはありません。)

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

弊社に最も期待すること

希望カウンセリング方法
(現在オフィスカウンセリングは控え、オンラインにて提供しております。)


備考